東京錦糸町で歴史を感じる「おいてけ掘」のかっぱ

錦糸町は現在では東京都心の東部の副都心の一つに数えられますが、江戸時代から発展してきたので、その面影もチラホラと残されています。錦糸町を含む墨田区あたりには、「本所七不思議」という江戸時代からの怪談の舞台となっています。錦糸町を訪れたら、そんなホラーな歴史的スポットを訪れてみましょう。
JR錦糸町駅の南口から南方に歩いて京葉道路を超えて、墨東病院の手前のあたりに、錦糸堀公園という小さな公園があります。この公園の北側に、かわいいかっぱ像が立っていますが、これは本所七不思議の一つ「置行掘(おいてけぼり)」にまつわるかっぱであるとのことです。
現在はおいてけ掘は埋め立てられて跡形も無くなってしまっていますが、江戸時代に錦糸堀公園の場所は水路がいくつもあって魚釣りにも絶好のスポットになっていました。この場所で釣りをして大漁の魚を持ち帰ろうとしていた釣り人が、堀の中から「おいてけー」との声を耳にします。釣り人は慌てて逃げ帰りましたが、魚籠には魚が一匹も入っていなかったということです。
声を出した主は、たぬき、幽霊、むじな、かっぱなど諸説が伝わっています。この江戸時代の怪談を元にして、錦糸堀公園にかっぱ像が立てられたというわけなんです。公園を訪れたらもしかして「おいてけー」との声が聞こえたりして?

広告

下町情緒と繁華街の喧騒を併せ持つ「半華街」?

錦糸町は亀戸の隣町ということもあり、伝統的な下町の情緒を色濃く残しています。同時にマルイ等の大型商業施設も充実している繁華街でもあります。交通の弁もJRならば総武線や横須賀線、地下鉄なら半蔵門線と充実。新宿、渋谷等のより大きな繁華街へは乗り換えなしでいけますし、秋葉原や東京といった乗り換えポイントへも10分以内で行けるので、どの街にも均等にアクセスできる便利な駅です。スカイツリーのある押上は隣町ですし、その気になれば歩いても行けます。
同時に、錦糸町ならだいたいのものが揃っています。前述のマルイのほか、オリナスやアルカキット、テルミナといった商業施設、楽天地やTOHOシネマズといった映画館もありますし、錦糸公園は桜の名所、かつ区営のフィットネスクラブも完備。またラーメンや焼肉等の飲食店も充実。リーズナブルで美味しいお店が見つかります。
さすがにひとつひとつは大きな繁華街にはかないませんが、どれも一定のレベルを持つバランスのいい街が錦糸町と言えるでしょう。ただ、裏通りに入ると一気にいかがわしいお店が密集している地域に入ってしまうので、そこだけは注意が必要かもしれません。
ほかにはない情緒のある「半華街」、ぜひ楽しんでください。

ショッピングも楽しめる下町のターミナル駅

東京都にある錦糸町は、墨田区と江東区のちょうど間にある地域です。
JRAの場外馬券場があることから、「ガラが悪い」というイメージが強い面もあります。
また、そのようなイメージから、「おじさんの街」という印象を持つ人も多いようです。
しかし、近年では駅周辺の再開発が進み、明るい街に変貌しています。

一方で、墨田区と言えば「下町」と言われる通り、両国や浅草などと並んで下町の代名詞的な街でもあります。
錦糸町駅は、JR総武線・総武快速線、東京メトロ半蔵門線が通り、また、多くの都営バスが発着するターミナル駅の顔も持ちます。
そのため、千葉県から都内に通う通勤通学客にとっても、馴染みの深い駅です。
さらに、距離が近いため、千葉県民がショッピングや遊びに利用しやすい街でもあります。
錦糸町駅構内には駅ビルの「テルミナ」、南口側には百貨店の「丸井」が、北口側にはショッピングビルの「アルカキット錦糸町」や「オリナス」があり、地元住民だけでなく、多くの人々がショッピングしやすい街でもあります。

また、錦糸町駅の北口側には、墨田区立「錦糸公園」が広がります。
園内はそれなりに広く遊具もあるため、子供連れのママさん達で賑わっています。
また、秋には「すみだまつり」が開かれるなど、錦糸町住民だけでなく墨田区民の憩いの場となっています。

行けば何でも揃う街・錦糸町

錦糸町は東京都墨田区にある街です。
錦糸町の玄関口ともいえる錦糸町駅はJR総武線・横須賀線と東京メトロ半蔵門線が通っています。
都心からも通いやすい場所ですが、千葉方面からのアクセスが良いのが特徴的です。
千葉県民が初めて訪れる東京が錦糸町と言うことも珍しくありません。
駅前には大きな繁華街が広がっています。
『丸井錦糸町店』や『LIVIN錦糸町店』など買い物を楽しむお客様の受け入れ先なるお店も十分に揃っています。
娯楽施設も充実していて『新天地シネマズ錦糸町』では映画を観に訪れるお客さんで連日にぎわいをみせています。
またJRAの『ウィンズ錦糸町』がありますので、週末には競馬を楽しみに訪れるお客さんで街があふれます。
飲食店も豊富に揃っていますが、特に錦糸町は隠れたエスニック店の名店が数多く揃っていることで有名です。
ランチ時にはタイ料理やインド料理を食べに会社員が列をなし、500円から食べることができるコスパの良いお店に向かっていきます。
駅の北側すぐには『錦糸公園』があり、テニスをしに訪れるスポーツ好きの市民や散歩の目的にしている人たちの憩いの場所になっています。
食事にショッピングに娯楽目的に訪れるお客さんのニーズを満たす質の高い街と言えるでしょう。

買い物に便利な錦糸町

私は高校生の頃に錦糸町でバイトをしており、その後社会人になってからも
6年ほど錦糸町に勤めていました。錦糸町は昔は飲み屋さんが多くJRAも
あるため、あまりガラのいいイメージは無かったかもしれません。ですが
最近は駅ビルもリニューアルしてオシャレになりましたし、オリナスなどの
ショッピングビルも出来たので、ファミリーで買い物の出来る治安の
いいところというイメージになっていると思います。休日に錦糸町に出掛ける
と、昔に比べて家族連れが多くてびっくりします。錦糸町で勤めていたため、
外でランチをする機会や夜に飲み会があることなどもあったのですが、飲食店
を探すにもいろいろなジャンルのお店を選ぶことが出来て探すことに苦労
しませんでした。また最近は駅のそばや少し離れた場所にも、新築のマン
ションが数多く立っています。錦糸町はあまりスーパーがないイメージがある
のですが、住民が増えることによってこれからはスーパーも増えて行くの
ではないかと思います。また駅前には昔ながらの映画館や温泉施設なども
あり、どのような年代の方にも楽しめる街だと思います。地方から出てきて
「東京に住みたいけど家賃をそれほどは出せない。」という方にも住み
やすい街だと私は思います。

錦糸町についての説明

錦糸町は、ずばり繁華街と言うことができます。居酒屋がたくさんあります。パチンコや、麻雀ができる場所などもあります。また、外国人がたくさん住んでいます。しかも、ロシア系やフィリピン系、中国系など様々な人種がいます。そのため、外国料理のお店が多いです。色々な国の料理を楽しむことができる街です。最近は、スカイツリーができた影響を大きく受けている街と言うこともできます。どういうことかというと、JRの駅の中では、スカイツリーの最寄駅となります。そのため、スカイツリーを訪れる大勢の人が通る場所となります。たくさんの人が集まる可能性があるということで、この街にはチャンスがあるとみて、出店するなど、たくさんのアクションが起きているのです。まさに、今、旬の街と言えます。大きな映画館があり、スーパーもたくさんあります。しかし、自然が全くないわけではありません。錦糸公園があるのです。ここは、イベントも頻繁に開催され、運動できるスペースもたくさんあります。市民が有意義に過ごすことのできる場所となっています。ここまで述べてきたように、錦糸町という街は、色々な要素がたっぷり凝縮された街となっています。楽しみ方も無数であるのです。

少しがやがやした街

以前は錦糸町の近くに住んでいました!デパートはもちろん、ロッテビルやホテルも多く、高いビルが多く、夕方は人混みがすごいイメージです。安い業務量スーパーもあって、案外便利です。ただ、飲み屋のお店やほとんど24時間営業の飲食店も多いので、夕方から夜は帰宅中に飲みに行くサラリーマンでにぎわって道がけっこう混んでいます。
また、外国人女性がお仕事する風俗関係のお店が数件あるようですが、特に治安が悪いと感じた事はありません。飲食店も東南アジアとインド料理が多いです。探してみると味のあるコーヒーの美味しいレトロな喫茶店もしっかりあります!
大きな公園があるので、週末は家族連れが多いです。月に一度は大規模なフリーマーケットも行われます。ただ、やはり人混みが気になってしまうので、愛犬を連れてまったりお散歩するような雰囲気ではないかもしれません。バスが多いのでお買い物をたくさんしても便利です。メトロも総武線も通っているので移動は全体的にとても便利です。

墨田の顔、錦糸町

錦糸町といえば東京墨田区の玄関口ともいえる歴史のある街です。
また、東京都によって、錦糸町・亀戸副都心に定義されており、これからの発展にとても期待が持てる街の一つです。

街の中心にはJR、東京メトロの錦糸町駅があり、渋谷、新宿などの主要な駅にも乗り換えなしで30分以内に行けるという利便性を持っています。
勿論バスの利用も便利で、東京駅丸の内口をはじめ、東京ディズニーランドにも経路が伸びています。

駅の周辺には駅ビルであるテルミナやアルカキット、東京楽天地、北口を出てちょっと歩くと複合商業施設のオリナス錦糸町があり、お買い物にも非常に便利です。また、映画館が楽天地とオリナスに二つあるのも嬉しいですね。

街の雰囲気は、墨田区随一の繁華街なため、昼夜を通してとても賑やかです。夜になるとライトアップされたスカイツリーが大きく見え、とても綺麗です。ちなみに東京スカイツリーのある押上駅には半蔵門線で約5分で行くことができますが、徒歩でも20分ほどで行くことが可能です。

錦糸町でお勧めの場所は錦糸公園です。オリナスの南側にあり、街を行き交う人々で賑わっていて、芝生広場やテニス場などもあり、子連れでも楽しめる公園になっています。

錦糸町は古くからの歴史と文化が色づく街で、散策するにもとても楽しい街です。

スカイツリーまでお散歩しましょう

錦糸町といえば、大きな駅に数々のショッピングモールと都会のイメージがありますが、川沿いを歩くと下町の雰囲気に溢れ、1駅散歩しながらスカイツリーにも行くことができます。まず、錦糸町駅から歩き始め、「錦糸公園」に行ってみましょう。春にはソメイヨシノや枝垂桜が花を咲かせ、お花見にもオススメですし、スカイツリーをバックにキレイな写真を撮ることができます。王貞治のふるさと墨田コーナーがあり、ゆかりの品を無料で見学もできます。錦糸公園の後に少し歩くと「すみだ江戸切子館」があります。江戸切子の専門店で、多くの種類のグラスが販売されているほか、製造道具などの展示もされています。職人体験もできますが、事前に問い合わせが必要ということです。最後には「大横川親水公園」に行ってみましょう。お散歩にはもってこいの全長が長い公園で、ウォーキングしながら段々近づいていくスカイツリーを眺めたり、釣り堀で魚釣りを楽しんだり、大きな広場でフリスビーなどをして楽しむことができます。大横川親水公園を抜けて、落語でも有名な「なめくじ長屋」跡を通り、北十間川方面に歩いていくとスカイツリーに着きます。錦糸町駅近辺の都会の雰囲気ではなく、駅から少し歩いて感じられる下町情緒を楽しむことをお勧めします。

少しずつリニューアルする錦糸町

錦糸町と言えば、おじさんがいるアダルトでちょっと危険な町、というのが昔のイメージだと思います。実際今も錦糸町の裏のほうにはJRAの馬券場があるようで、休日ともなるとおじさんが繰り出しています。
でも駅周辺には駅ビルをはじめ、たくさんのショッピングビルが建ち並び、ファミリーから若い人までにぎわっています。
アルカキット、テルミナ、丸井、オリナス、などどれも便利なのですが、実は少しずつリニューアルを重ねて便利さを増しているのです。
ファミリー層がよく利用するアルカキットは、フロアを閉鎖するくらい大幅なリニューアルを果たし新しい店が入りとても便利になりました。以前なかったGUが入ったのは、個人的には大歓迎でした。大人気の100円ショップダイソーや赤ちゃん本舗はそのまま残っており、子連れで1日いられるビルです。
ヨドバシカメラが3フロアを占めるテルミナは、どこか懐かしさのある風情のビルなのですが、レストランフロアがリニューアルしています。
以前は細長いフロアにお店が並んでいたのですが、どうもコレというお店がなくレストランを利用したことはほとんどありませんでした。それが先日行ってみると、オープンになったお店がなんとおしゃれなんでしょう!カフェ風もあり、ちょっと高級そうな和食あり、どれも入ってみたくなるお店ばかりに変わっていました。
最近では錦糸町からとうきょうスカイツリーへ行く人も増えたようで、錦糸町で乗り降りする人も増えたんじゃないでしょうか。スカイツリーにあやかって、錦糸町ももっと栄えてくるといいなと思います。
トップ